お問い合わせはこちら

その他のニュース
OTHER NEWS

ARCHIVES

2017.09.15

「資金不足で研修を受けられない意欲ある中小企業の打開策に」(助成金研修)

助成金を活用した研修制度の会社にて、原田隆史のインタビューが記事になりました。

こちらから、原文をご覧いただけます。

 

「中小企業の人材育成・不足、それに伴う投資金を何とかしたかった」

 

――Jマッチを知ったきっかけは何だったんでしょうか?

知人の紹介で知りました。私の知人にはとても素晴らしいコンテンツを持っておられる方が沢山いらっしゃるのですが、皆さん共通の課題は集客で、何か良い方法はないか模索しあっておりました。私もその中の1人で、知人に相談したところ、「助成金を活用した良い方法がある」とご紹介いただき、今回の提携に繋がりました。

――原田先生の研修はとても人気が高く、集客に困っている印象はないのですが、どんなところが課題だったんでしょう?

単刀直入に言うと、中小企業様の「人材投資金・人員不足」ですね。
弊社の研修はOJTのように実務レベルではなく、人や企業の考え方の根本に関わる仕事なので、絶対に必要だと思っています。

また、私は元々中学の教師でこの教育法を長年に渡り実践してきましたので、人としての考え方を早い段階から持つことで人のパフォーマンスが良くなることを知っていました。
それなのに、成長意欲のある企業の方が「会社の資金や社員数が少ないから」という理由で研修を受講できないのは非常に気の毒だと思いました。

人材育成投資の資金が潤沢にない企業にも弊社の教育を広めていくことができないかと思い、5社・6社を集めた「合同型研修」を実施したこともありました。しかし、各企業によって事情が違うのでやはりマンツーマンで実施してその企業に貢献したいと思いましたね。

――助成金制度の利用を思いついたことはありましたか?

私の会社でも社労士さんに一度代行申請してもらったことがありますが、2回目もお願いしようと思ったら「かなり煩雑なのでこれ以上続けるのは難しいです」と断られました。
社労士さんでも骨の折れる手続きを他の会社が個別に行なうのは難しいだろうと思い、それ以降は助成金制度をあまり重要視しなくなっていきました。
実際に私の周りでも手続きミスで処罰を受けた方がいらっしゃったので、Jマッチのように安心安全が確約されているシステムを大々的にされているところにお願いできるサービスは非常にありがたいですね。

 

研修を受けた企業から「会社の収益を積極的に配分していきたい」という感想も

――実際に提携されてみて、どんなご感想を抱かれましたか?

非常に安心して研修を実施させていただいております。弊社が提供するのは研修は「教育」で、それらをお客様に施すわけですから間違いがあったり失敗があることは許されることではないですし、
良いと感じて納得していただけるよう自分たちの仕事において緊張感を持っています。そういった意味では、お互いの「信頼」が最も大事な要素になるわけです。

その点で言えば、Jマッチさんは提携してからの2年間でトラブルが一度もないです。
だから、安心して他のお客様にも勧めております。連絡も密にとっていだだいているようですし、非常に良いサービスだと思っております。

――Jマッチ経由で原田先生の研修を受けられた企業さまのお声を聞く機会はありましたか?

私自身も助成金制度が3,000種類もあると聞いてビックリしたんですが、中小企業の社長様も皆さんご存知なかったみたいで、かなり驚かれて「すぐにでも申し込みたい」と多数、お声をいただいております。

Jマッチを通じて支給された助成金を活用し、初めて研修を受けた企業があったのですが、受講当初ある社員の方が積極的に研修を受講しようとやる気を見せなかったのですが、実際研修が始まり受講が進んでいくと「また是非受講したい」と目を輝かせてくれたようで、会社の社長様からは「教育の重要性をあらためて知りました。会社の収益を積極的に教育等に活用していきたいです」とまでおっしゃっていただきました。

弊社の研修との相性が良かったということもありますが、企業が研修を受講するためにJマッチのサービスの活用で研修を受講できたからこのようなお客様の声をいただけていると思っております。

――今後の展望をお聞かせ願えますか?

弊社の教育を世界中の人々へお伝えしたい。私のこれからの人生の時間の中で1社でも1人でも多くの皆様にこの教育をお伝えしていきたいと考えております。

弊社の研修は、社員の皆様が会社で学んで会社の中の事業で活かすことに加えて良い効果があります。それは、子供の勉強やスポーツなど、家庭の中でも活用できる一石二鳥も三鳥にもなる教育なのです。

次世代を担う子供にまで浸透するわけですから、資金が潤沢な大企業の社員の皆様だけが受講していればいいという話ではありません。
むしろ資金は少ないが成長意欲のある中小企業にこそ多くのニーズがあります。

意欲的な中小企業の人材を育成するための条件のひとつとして投資資金があります。その条件をクリアするためにもJマッチのサービスを多くの企業にご紹介していきたいと思っています。

お問い合わせ

以下のフォームにご記入の上、お送りください。
harada-educate.jpからのメールを受信できるようドメイン指定を解除してください。

お問い合わせ種類必須
お名前(漢字)必須
フリガナ(カタカナ)必須
メールアドレス(半角)必須
メールアドレス再入力(半角)必須
お問い合わせ内容必須

上記内容でよろしければ「入力情報の確認」ボタンを押してください。

CONTACT講演・研修のお申し込み
お問い合わせはこちらから