お問い合わせはこちら

受講者の声
FAN VOICE

2017.09.07

小学校6年生×原田メソッド

FAN VOICE :

ご家庭での実践について、教えて頂きました。
長期目標設定用紙です。

奉仕活動の一つに「靴をそろえる」とあります。
活動開始後、しばらくするとこれが無意識に落とし込まれたそうです。ある時、「そういえば靴を揃えるのだった」と思い出し、玄関に行くと靴は揃っていた…という事がありました。良い習慣が、一つ一つ身についていっているようです。
また、こういった取り組みを通じて、がんばりを認める〜認められるといった良質のコミュニケーション(ストローク)が増えたとの事です。
この設定用紙を見ると、フォーマットが手書きです。お母様がご自身で作ってくれたフォーマットです。
原田メソッドでは、手を動かしながらものを考える場面が多くあり、それだけ大変です。その分、できた用紙からはそれを書いた人の思いが伝わるものです。筆者はこの手書きのフォーマットを見て、息子さんの思いに加え、お母様の思いまで感じることができました。
手書きのフォーマットは、それ自体が目標設定者に対するストロークとして力を発揮するすぐれたものではないか。そのように感じました。
本当に素敵な共有を、どうもありがとうございました。





======================================
【English】
======================================


I learned how the Harada Method is put into practice at home.
This is the long-term goal setting form.


“Organizing shoes” is listed as one of the service activities.
Once the student started implementing this form, the actions listed eventually became second nature. He has told me that one day he headed back to the house entrance thinking he had forgotten to organize his shoes, only to realize they were already organized. This goes to show that habits can be developed, slowly but surely.


Through these efforts, acknowledging each others’ achievements has increased, encouraging more positive communication (stroking).


This particular form is in handwritten format. The mother of the student created this format herself.
In the Harada method, there are many times students are encouraged to think while moving their hands, which requires time and consideration. The extra effort put into filling out the form by hand gives it a personal touch where the reader can almost feel the writer’s emotions and thoughts.


I personally felt the connection with the student and his mother through reading the hand written form.For the goal setter, the hand written format itself is a form of “stroking” and when used effectively, a powerful tool.


My experience with this family has helped me affirm this.I am very grateful for such a valuable experience.
CONTACT講演・研修のお申し込み
お問い合わせはこちらから