お問い合わせはこちら

受講者の声
FAN VOICE

2020.05.06

「努力圏」からの志望校合格

FAN VOICE : 楠生 晃士様

2020年3月11日の『月刊 原田レター』のFacebookグループに、

とても嬉しいご投稿を頂きました。

高校受験で志望校に合格することができた…という楠生様からのご投稿でした。

この投稿から1年以上前、2019年1月19日に、
楠生様は、親子で「原田メソッド1DAYセミナー」にご参加されました。
志望校合格を勝ち取ったのは、この時に1DAYセミナー受講生として頑張ってくれた楠生大樹くんでした。

 

以下、お父様である楠生 晃士様がご自身のFacebookページに投稿された文章を引用致します。

===============

閉塞的な日々が続くので少し目出度い話題など。
個人的な話で恐縮ですが。

昨年1月、中学2年の長男と一緒にセミナーを受けた。
現代教育の第一人者、原田隆史先生の一日講座。

原田先生は中学生が大人と一緒に受講してくれているのがうれしいと言ってくれて講義の間、長男ともう一人大人に混じって受講していた中学生にことさら目をかけて指導してくれた。

セミナーの中で目標を設定するのだが、長男はある高校受験合格を目標にした。(目標の立て方など原田メソッドに関しては原田隆史先生の著書やYouTubeなどでたくさん拝見できます。勉強になるのでご関心のある方はぜひ。)

でもその時点では今の成績を考えると正直到底無理だろうと思っていた。

セミナーの翌日から長男と私の間で約束が出来た。
原田先生の指導であった日誌を毎日書くこと。

僕が単身赴任しているため日々直接声をかけてあげられないから、長男が書いた日誌を写真に写してそれを送信。それを見て褒め、励ましたり、アドバイスをメールで送った。
それがお互いの毎日の日課になった。

日誌に書くことは二つ。
「今日のよかったこと、今日気づいたこと」。
それと「今日をもう一度やり直せるなら」。
自分の自信を高めていくこと、自身の振り返りと改善、向上のため。
僕からのプレッシャーもあったと思うが長男は休まず継続した。

でもなかなか目に見える結果としてはすぐには現れなかった。
それでも黙々と日誌とストロークのやり取りを継続した。

セミナーを受けて5か月が経った6月の模試の判定ではまだ努力圏。
7月に部活も引退。それからは勉強に集中。
夏休みに入り、塾の夏季講習にも通った。
でも8月の模試の判定も努力圏。

しかし8月末にサテライトではあったが再び原田先生のセミナーを友人と東京で受講。
指導いただいた認定パートナーの方のファシリテートのおかげで改めて目標設定の目的を再認識できて肚に落とすことができた。
日誌も毎日継続し、模試の判定は努力圏でも実力か少しずつ上がっていっているのは学校の試験の結果を見ていてわかっていた。
そして何よりメンタルが成長しているのが様子を見ていて伝わってきた。
そして10月の模試でとうとう可能圏に入った。
12月の模試では安全圏の判定までゲット。

一般選抜の受験は3月だったが、1月の特色選抜も受けた。結果は不合格。
心配になって単身赴任先から電話で長女に様子を聴いたら、けろっとしてたよって。
本人には想定内のご様子。
昔の長男なら落ち込んでいたと思うが、すぐに切り替えができるようになっていた。
帰宅した時にこちらの方が弱気になって、もし落ちたら先に合格してる私立に行くんかって聴いたら、いや志望校以外は行く気ないからと。
昔はこんな強気なこと言う子やなかったのに(笑)。
メンタル、強なってる。

そして迎えた受験日前日。
送られてきた彼の日誌にはこう記されていた。
「今日気づいたこと:絶対合格する気持ちをてた。」
「今日をもう一度やり直せるなら:やり直すことはありません。」

「やり直すことはありません。」という一行を目にした瞬間。
もろたー!!!
こいつ絶対合格しよるわ。
正直、そう思ってしまった。
合格することをもうすでに自分の中で決めてしまっていることが伝わってきた。

結果はサクラサク。
そして幼き頃より実践してきた掃除、清掃活動の力も大きかった。
毎日欠かさず家のトイレ掃除を継続した。
そして毎月の駅と国道の街頭清掃。
幼い頃は姉をちょこまか追うだけでまともに掃除なんかしなかったが、今は足場の悪いとこでも平気で率先して入って行って取りにくい箇所のごみでも平気で拾えるようになった。
掃除、清掃活動が心をきれいにすること、心を強くすることに大きく役だった。
おかげで目指した時には困難と思われた志望校に合格することができました。

 

本当にサポートいただいた皆様のおかげです。
小学校を卒業する際、手紙を出した長男にご返事を書いて励ましていただいた鍵山秀三郎相談役。
駅や国道の街頭清掃で長男によき大人の手本を背中で見せていただいた日本を美しくする会、掃除に学ぶ会の皆様。
セミナーで丸一日、長男にストロークを与えてご指導いただいた原田隆史先生。
セミナーで長男をファシリテートいただいた認定パートナーの皆様、原田教育研究所の皆様。
もちろん日々支えていただいた学校の先生方、剣道場の先生方、家族、友人にも。
この場を借りてサポートいただいたみなさまに心から御礼申します。

ありがとうございます。

またこれからも懲りずに長男のこと、ご指導くださいませ。

He did it !
===============

 

このご投稿には書かれていないのですが、
「目的設定の大切さ」
「予測と準備」
・・・というテーマでも、楠生様からお電話でお話をお聞きすることができました。

まず「目的設定」について
2019年1月19日の1DAYセミナー会場が、
大樹くんにとって初めての、本格的な目的設定の時間でした。

「なぜ合格したいのか」という項目に対して、
・合格をしたことにより家族が誇らしい気持ちになる
・公立高校にいくことで、授業料の点からも家族に貢献することができる
といった目的設定ができました。

「親に言われたから」…「制服がかわいいから」…といった志望動機を持つ生徒も決して珍しくないです。そんな中、大樹くんが設定した「志望校合格の目的」はレベルが高い。きっと大きなモチベーションアップにつながったのではないでしょうか。

次に「予測と準備」について、
2019年末に公開した「受験生のための動画」が非常に役に立ったそうです。

楠生様は、大樹くんと(大樹くんのお姉様とご家族3人で!)一緒にこの動画を視聴し、
この動画で原田が話していた、「入試前に実践すべきこと」を実行しました。
これが、入試当日のメンタルを整えるうえで、非常に役に立ったそうです!

※撮影収録現場にいたスタッフも「神回や」と唸るほどの内容でした。この動画については、こちらからハイライトをご覧いただけます。ぜひチェックしてみて下さい!

楠生様、
お忙しい中、お電話でお話しくださり本当にどうもありがとうございました。
大樹くんの高校生活が、素晴らしいものになりますように!

CONTACT講演・研修のお申し込み
お問い合せはこちらから